【今すぐ辞めたい人必見!】絶対に後悔しない転職法

悩む男性

「仕事ができなくて毎日上司に怒られてばかりだ。」
「「仕事がつまらない。もっと大きなことを任されたいのに。」
「一生懸命やっているのに、自分の仕事が評価されない。」

転職を考えるきっかけは、いつでも複数存在します。

なぜ転職したいのかをもう一度考える【転職の目的】

職場の人間関係、待遇への不満、そもそも仕事自体が合わない。これらは最も多い転職の理由です。

あなたはなぜ今の仕事を辞めたいのでしょうか?もう一度、その理由をよく考えてみてください。それは、本当に会社や職場環境のせいでしょうか。

悩む女性
画像出典元:東京ガス「ウチコト」
転職をする時に最も大切なことは、まずなぜ今の仕事をやめたいのか、何のために転職をするのか、転職の目的を明確にすることです。明確なゴール設定のもとに計画的に転職活動を行うことが、何よりも大切なのです。

転職に成功した人に共通するのは、「転職前の職場でとことんやりきった成功体験があること」です。自分の努力や成果が十分でないのにも関わらず、評価されないのを上司や外部環境のせいにしていたのでは、次の職場でも同じことを繰り返すだけです。

今の職場で何かを成し遂げた経験があれば、あなたの転職活動はさらなるキャリアアップに繋がるはずです。

転職のタイミングは?【転職の時期】

転職活動の時期には大きく2つのスタイルがあります。
今の仕事をやめてから転職活動をする方法と、辞めずに働きながら転職活動をする方法です。

それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

現職を辞めてから転職活動をする場合

【メリット】
・自分のキャリアや将来についてじっくりと向き合う時間が取れる。
・イベントへの参加や面接にフレキシブルに対応出来る。
・失業手当や早期再就職支援金などの補助を受けることができる。
・転職に必要なスキルや資格獲得に時間を使うことができる。

【デメリット】
・収入が途絶えるため生活準備金を確保しなければならない。
・生活のリズムが乱れるため、モチベーションの維持が難しい。
・転職先が見つからない場合、長期失業の可能性がある。
・精神的な負担が多く、条件を妥協しがちになる傾向がある。

チェックリスト

働きながら転職活動をする場合

【メリット】
・収入が途切れる心配がない。
・家賃補助などを受けたままで居られる。
・希望条件を妥協せずに思う存分探すことができる。
・税金・保険・年金などの手続きを自分でやる必要がない。

【デメリット】
・情報収集や面接に十分な時間を取ることができない。
・早期入社が望まれる急募の際には、出遅れて不利になる可能性がある。
・短期間で引き継ぎや入社手続きをしなければならない。
・スキルや資格獲得にまとまった時間を割くことができない。

まとめ

求職期間中の生活費は最低3ヶ月分必要です。
「まとまった資金がない場合」や「会社の家賃補助額が大きい場合」には、在職したまま活動を行うべきだと言えます。

一方で、「現職が多忙で両立が難しい場合」や「転職のために技能を習得する必要がある場合」には、今の仕事を辞めてから転職活動を行うべきでしょう。

現在の経済状況や業務の状況、転職先の必要条件などを考慮した上で適切な判断を行いましょう。

みんなにシェア!